Z世代向け広告企画・Z世代特集

Z世代向け広告掲載・Z世代向けマーケティングに、マイナビニュースのZ世代特集をご活用ください。会員データからZ世代に的確にリーチ、Z世代に人気の高いインフルエンサーをアサイン、Z世代に精通したスタッフがコンテンツを作成します。Z世代の価値観・消費行動に関するアンケート調査結果も公開中です。

Z世代とは

Z世代とは、1996年から2015年の間に生まれた世代を指します。デジタルが当たり前の時代に生まれてきたことから「デジタルネイティブ」とも呼ばれます。物心ついたころからスマートフォンやSNSに触れてきた世代でもあり、「スマホネイティブ」「ソーシャルネイティブ」とも呼ばれます。
彼らは、WEBコンテンツを使いこなし、よりフラットな価値観を持ち、情報収集能力に長けています。そのため、商品やサービスの興味関心を高めるためのアプローチ方法やアウトプット方法を、Z世代向けに変えていく必要があります。

Z世代の特徴

Z世代の特徴

整理されていない情報はスルー

SNSのアカウントを2つ以上持ち、カテゴリごとに整理された情報を投稿・閲覧する傾向があります。例えばTwitterであれば、趣味のアカウント・リアルな友達と繋がるアカウントなど、カテゴリによって使い分けているため、そこに属さない情報を広告で流してもスルーされてしまいます。

フェイクを嫌がりリアルを求める

飲食店や宿泊施設・化粧品などの知りたい情報は、Instagramなどで検索しリアルな姿を求めます。参考にするのは、フォロワーが100万人いる人物よりも、自分と限りなく近い環境なのに1歩先を行くような人物です。「プロモーションっぽい口コミ」「やらせっぽい情報」を敏感に感じ取ります。

情報リテラシーが高い

個人情報の取り扱いについて教育されてきた世代であり、個人情報にシビアな面があります。Instagramのようにリアルな個人情報を載せているSNSアカウントは非公開にしていることも多く、ハッシュタグを付けた投稿キャンペーンは、匿名性が高く趣味要素の強いTwitterに比べて難しい可能性があります。

「マイナビニュース」は、大学生の約9割が登録する就職情報サービス「マイナビ」から会員移行を行っている、若手含有率が高いニュースメディアです。
そのため、SNSや動画を活用した取り組みや、Z世代を含む若手社会人へ向けた恒常的な情報発信を行っています。
マイナビニュースが調査した、Z世代のインサイトについて、詳しくは下記ページをご覧ください。

※マイナビニュース主催「Z世代のインサイト丸わかりWEBセミナー」より

Z世代特集

Z世代特集

Z世代をターゲットに絞った特化型特集

新卒、社会人2・3年目のフレッシャーズを対象として、マイナビニュースが常設で実施する特集です。
就職に伴うひとり暮らしのあれこれ・初ボーナスの使い道・これからのキャリアについて・休日の過ごし方・社会人の身だしなみなど、Z世代の選択をサポートします。
マイナビニュースの会員データを活かしターゲットに的確にリーチ、動画・記事の両軸でコスパ良く展開、Z世代に精通したスタッフがコンテンツを作成します。
Z世代に向けた、特集以外の施策もプランニング可能です。お気軽にご相談ください。

広告メニュー概要

マイナビニュース

  • 動画+記事プラン(インフルエンサーアサインの動画・タイアップ記事、SNS広告配信、看板バナー、媒体内誘導枠)
  • 記事+インフルエンサー投稿プラン特別誘導枠(タイアップ記事、インフルエンサーのSNS投稿、SNS広告配信、看板バナー、媒体内誘導枠)
  • Z世代メルマガ
  • 全てを組み合わせた全部盛りプラン、または、動画だけ・記事だけといったプランもご用意しています。